食品の安全に関わるISO22000!体制づくりに関する国際規格

レディー

ISO規格の運用を最適化

PC

ISO規格の認定・取得後には、企業側が作成したルールやマニュアル文書に沿って運用を行なっていかなければなりません。それを行なう時には、ルール・マニュアルの変更や追加が数多く発生するため、文書管理ソフトの導入をお勧めします。

View Detail

国際取引における基準

ネットワーク

日本国内に展開している数多くの企業において、ISO規格の認定・取得というのは非常に重要なものとなりました。ISO規格というのは、国際間の取引における基準のことを指します。この規格は国際標準化機構によって定められており、全てのISO規格は国際間の取引だけでなく日本国内での取引においても適用されるのです。ISO規格自体は多岐に渡り、企業側は事業内容に合ったISO規格の認定・取得を率先して行なう必要があります。現代社会では、ISO規格の認定・取得を受けている企業とそうでない企業によって、信頼の差が大きく現れてしまうのです。ここでは、食品関係の企業が認定・取得しておくべきISO規格について知っていきましょう。
食品関係に企業に最適なISO規格というのは、ISO22000です。ISO22000というのは、「食品の安全を保つための体制づくりに関する国際規格」と定義されています。つまり、農場等で食品が生産され、その食品が様々な経路を通して消費者の食卓に並ぶまでの過程における安全を守るための規格なのです。企業において、ISO22000の認定・取得を行なっていない場合には、消費者からも安全性に欠ける企業だと思われてしまうでしょう。近年では、食品における異物混入事件が多数発生したため、食品の安全というのは非常に重要視されています。その点も含めて考えると、食品を扱う企業が生き残るためにはISO22000の認定・取得が必須だと言えます。ISO22000に適している企業というのは、食品関係だけでなく農業や肥料・動物衣料品製造業、材料・添加物製造業、包装材メーカー、ケータリング会社等が挙げられます。そういった業種の企業の中で、まだISO22000の認定・取得を受けていない企業があるならば、早めに認定・取得を受けておきましょう。

最適なソフトを選ぶ

女性達

ISO規格の運用を行なうための文書管理ソフトというのは、数多く存在します。新規に文書管理ソフトを導入する際には、その中から企業のニーズに合った文書管理ソフトを選ぶ必要があるでしょう。

View Detail

審査のポイント

IT

ISO9001というのは、マネジメントシステムに関するISO規格です。このISO規格の認定・取得を受ける時には、マネジメントシステムの有効性やプロセス審査、現場審査を重要する必要があるでしょう。

View Detail