審査のポイント|食品の安全に関わるISO22000!体制づくりに関する国際規格

食品の安全に関わるISO22000!体制づくりに関する国際規格

ウーマン

審査のポイント

IT

数多く存在するISO規格の一つであるISO9001について、ISO9001というのは、顧客満足度の向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を目的とした国際規格です。このISO規格の認定・取得を受けることによって、企業に対する社会的信頼度を向上させることができる他、業務効率の改善、組織や企業競争力の強化、コンプライアンスの推進、リスクマネジメント等の効果を期待することができます。ISO9001はあらゆる業種に適した規格となっており、多くの企業がその認定・取得における取り組みを日々頑張っているのです。ISO9001の認定・取得における審査時に重要視されるポイントというのは、大きく3つ存在します。ここでは、その3つのポイントについて知っていきましょう。
ISO9001認定・取得時の審査において重要視されるポイントの一つ目として、マネジメントシステムの有効性が挙げられます。マネジメントシステムの有効性というのは、組織における目標の有効性やマネジメントシステム運用時の達成結果・仕組みに関する有効性を検証するといったものになります。最終的には、組織全体でそのマネジメントシステムを正しく運用できる状態に持っていく必要があるでしょう。その他のポイントとして、プロセス審査と現場審査が挙げられます。プロセス審査は品質保証と顧客満足度の向上を達成するための仕組みが出来上がっているか、その仕組みは有効性のあるプロセスによりうまく繋がっているかといったポイントを審査されるのです。現場審査については、現場におけるマネジメントシステムの運用モチベーションを高め、一人一人の実務担当者が各プロセス・各階層で理解されているかを審査します。